本を作る

ワンブックスの入稿方法と予約のやり方編

締切日が決まったりデータが出来たら次はどうするでしょう!
あ、いよいよ入稿して本ができるってわけだね
めいさん
そうなんです。遂に最後の工程ですよ

締切を決めてこれからって人も、データ大体できちゃったよっていう計画的な人もこんにちは

入稿手順についてまとめていきます

紙のまとめ記事はここ

ワンブックスの予約から本が届くまで(手順)

step
1
予約日を決めて予約します

ホームページから予約ができます

30日前~3日前までに予約できます

この日が締切の日になるので印刷されて届くのはまだ先です

step
2
メールが返ってくるので入稿

締切日になったらギガファイル便などでデータを送ります

step
1
入金などを済ませる

データ確認後、入金方法が送られてきます

銀行振込、クレジットカード、コンビニ支払い、ペイジー、着払い

それから直接会社に取りに行くこともできます!(現地支払い)

step
1
本が完成!

入稿から11日ぐらい、繁忙期は更に10日~14日かかる場合があります

(一概には言えません)

イベント日に会場に届けられるイベントもいくつかありますよ

繁忙期は25日前ぐらいに入稿するか一ヵ月ぐらい余裕を持って予約しておくことも考えた方がいいですね

それで本が完成します!

 

次は一つずつ解説していきます

予約方法

まずはホームページから予約フォームに行きます

ワンブックスの予約フォーム

予約日を決めたら丸の部分から日を選びます

いつまでの生産分まで予約が埋まっているのかここに書いています

こんな感じで一ヵ月先まで予約できます

サイズや紙を選びます

左に絵を描いてみましたがこんな感じ

試しに小説っぽい選択で選んでみました

見返しや備考について

↑見返しはこの部分です

色付きの紙やトレぺも選べます

こんな感じで備考に色などを書いておきます

紀州の色上質の色の一覧は追加オプションのところにリンクがあります

表現に関するご案内を読んでチェックを入れます

「確認画面へ」を押すと詳細が出ます

確認画面までいったら送信ボタンを押して完了です!

データの入稿方法

私が入稿した時はこんな感じになっていました

絵の関係は大体PSDになっています

小説は本文〇〇~〇〇というタイトルを付けます

これを全部選択して右クリックします

「送る」から「圧縮(zip 形式)フォルダー」を選ぶとzipになります

「原稿」とか「入稿番号」とか「自分の名前」など適当に名前を付けます

もし1GBを超えるぐらいならうまく送れない場合があるので分割した方がいいです

データを送るにはギガファイル便が便利です

こちらがギガファイル便という大きなデータを送ることができるサイトです

ギガファイル便

青丸をつけた真ん中のところにzipデータをドロップします

原稿の保存期間は3日以上推奨なので「7日」か「14日」にしておきます

完成したURLをコピーしてメールで送ります

入稿先のアドレスはメールの中に書いてあります

この時必要なのがこちら

  • 管理番号
  • 受付番号
  • 名前
  • データ

管理番号と受付番号は予約の次の次に送ってくる確認メールの中にあります

こんな感じで番号とURLを記入して送信すると完了です!

入金を済ませる

データが確認できると決済用のURLなどが決済方法に合わせて送られてくるので入金します

ちなみにコンビニ入金の場合に必要だった番号は電話番号でした

これがファミマで少し分からなかったので書いておきます

これで修正がない限りあとは待つだけです!

本が届く

お疲れさまでした!

10冊以上作ると予備が1冊ついてきますよ

私も届いて余裕があればまた写真を載せたいです

 

最後に

めいさん
あ~やっと本ができたね~!!おめでとー!
お疲れさまでした!

一回作ってみると簡単に作れるようになるので是非作品を形にしてみて下さい

ここまで長々とお付き合いありがとうございました!

サイトでは創作や絵や物作りの話を色々しているのでよければ覗いていって下さい!

写真沢山で解説したので誰かの役に立てば幸いですし本望です…(笑)

よければシェアしてお友達の本も増やしてくださいね!

まとめにもどる
「ワンブックスで文庫本を作る方法」全記事まとめ

続きを見る

 

-本を作る
-,

Copyright© 創作ライフちゃん , 2020 All Rights Reserved.